メイン

100結納に関わる費用 アーカイブ

2011年11月01日

結納の費用は?

ここからは具体的な金額をあげながら結納にかかる費用について考えてみましょう。金額が出てくるとより身近に迫ってきたって感じになります。

結婚式もそうですが結納・挙式・披露宴すべて地域により千差万別です。また家柄などの関係も複雑で昔からの慣習などもあり、色々解らない事が多く出てきます。お祝い事ですのでもめることのない様に両家のご両親とよく相談の上,何事も進めていきましょう。
すべて結納の内容により金額は違ってきます。

婚約の品

婚約といえばエンゲージリングですね。ダイヤモンドの指輪が一般的です。中には誕生石を贈ることもあります。指輪にこだわらず腕時計は人気があるようです。婚約の記念、二人の思い出の品になる物を選べばいいでしょう。

金額的にはダイヤモンドの指輪、色々ありますが20万〜50万円くらいですね。これは男性側から女性に贈るものです。
女性からのお返しは全ての人がするとは限りません。お返しをする人は30%くらいでしょうか。
お返しする場合は腕時計・スーツが人気があるようです。
金額は男性からの贈り物の金額より少なく、婚約指輪の30〜40%くらいの5万〜20万円くらいでしょう。

結婚指輪について

教会での挙式には欠かせないマリッジリング、教会でなく、神前、人前挙式でも指輪の交換があります。婚約指輪は華やかなデザインの物を選びます
結婚指輪は婚約指輪と違っていつもこれから二人が身に付けるものです。シンプルなデザインで使いやすい物を選ぶのがベターでしょう。

ペアーで10万〜20万くらいでしょう。記念日・ネームなど刻んでいただく場合、余分に費用も時間もかかる場合があります。結婚式間際になって結婚指輪の注文をして「結婚式に間に合わない、どうしよう」と慌てる、自分の希望の指輪が出来ないなんてことのないように早めに準備しましょう。

結納金について

以前は結納というと一大イベントで田舎では親戚が集まり、親戚総出でお祝いをしました。立派な結納飾りに目を奪われたものです。

婚約の印に贈られるのが結納金です。男性の側から結納金を「帯料」、女性の側から結納のお返しとして「袴料」という名目でよばれるものです。
結納金の目安は男性のお給料の2〜3月分、またはボーナス1回分くらいです。
金額は割り切れない数字の奇数が好まれます。ただし8は末広がりなので例外です。
これは一応の目安です。無理をしない程度の金額にしておきましょう。結婚式、新婚旅行とまだまだ必要なお金があります。

結納返しをする場合は結納金の30〜50%くらいでしょう。結納返しも最近はしなくなってきています。お見合い結婚で仲人さんを立てる場合は結納返しもされますね。

仲人に掛かる費用

仲人を立てて、結納を収めたときの仲人へのお礼は結納金の1割が一般的です。
「寿」「御礼」と表書きの祝儀袋を準備します。

その他、結納当日の交通費を「御車代」としてお渡しします。仲人の車の場合はガソリン代、高速料金等の実費分、タクシーを利用の場合も実費分の2〜5倍の金額をお渡しします。結納後のお祝いの御食事を省略する場合は「酒肴料」として2〜5万円をお渡しします。
当日お渡しするか後日お渡しするかは両家で相談しておきましょう。
かかった費用は両家で折半が一般的です。両家で相談の上、決めましょう。

当日、お渡ししないときは結納が終わってから早いうちに両家揃って、仲人宅に、手土産・お礼を持参してお礼に御伺いします。
結婚式当日も仲人をお願いするときは、結納時のお礼は結納当日、結婚式のお礼は結婚式当日、両方合わせて後日お礼に伺うのかも両家の間で決めておきましょう。

結納会場の費用

結納をどこで行ったかにより違ってきます。結納をどこかの会場を設定して行い、食事をする場合は両家で折半が一般的です。仲人を立てる場合は形式に沿って行うので費用が10万〜30万くらいかかります。

御互いが近距離なら問題はありませんが、結納を行う場所まで遠方から来ていただく場合は交通費もかかります。両家で交通費などかかってくる費用を考慮して支払いをどの様にするのか前もって決めておきます。
仲人を立てない場合は両家の顔合わせ、食事会の様になりますので費用は比較的かからないですね。この場合、結婚する2人がそれぞれのご両親をご招待という形で行うのもいいでしょう。

2012年10月16日

着ていくスーツのマナー

"意外と気になるのが年齢とともに着ていく服装の値段のことでしょう。社会人になりたてのときや、学生時代などは通常の通勤や入学式・卒業式などで使ったスーツを着ていけば、よほど派手でなければ問題ないでしょう。
しかし20代も後半に入り、続々と友人が結婚していく時期にストライブが派手にはいったスーツでは、やっぱり少し目立ってしまいます。結婚式に参列している友人たちを新郎新婦お互いの両親は観察しています。そんな時にどうしても軽めに見られてしまう服を来ていると、相手方の友人は浮ついているが、本当にこの相手は大丈夫だろうかと心配にさせてしまいます。
20代も半ばになれば金銭的に余裕もできてくるでしょうから、礼服やそれに準ずるスーツは持っておくべきでないでしょうか。"

行くべきか行かざるべきか

"先日、お世話になっている学校の先生のご家族がお亡くなりになった事をメールで知りました。メールは、当日約束していた生徒に一斉送信されていました。
御通夜や告別式について行くべきかどうかとても悩みました。というのも、別の知人のご親族の訃報を聞いたときは、家族葬のため、お悔やみや会社からの御花も全て断られた事がありました。そして今回も、先生は学校には家庭の事情と告げて授業をお休みされていました。同僚の先生方もご存じないようでしたので、私は個人的に後日香典をお渡ししようかとも思いました。
しかし、そのメールをもらった生徒の1人が先生に葬儀の日時や場所を聞いたそうで、メールをもらった生徒は各自ご挨拶に行こうということになりました。"

金封ふくさについて

"結婚式やお葬式に参列するときにご祝儀・お悔やみ代などお金を封筒に入れて持参すると思います。
ご祝儀袋などは百円均一で売られていますし、いざというときにコンビニでも売っていますので困ることはありませんが、それをカバンやスーツに入れておいて出すときに少し折れ曲がったりして汚れた経験ってありますよね。
そんなときに使われるのが金封ふくさという入れ物です。ちりめんのしっかりした厚紙の入った封筒みたいなもので、そこの内部にご祝儀袋などを入れて持っていくことができます。せっかくのお祝いやお悔やみを汚い姿で出すのは失礼です。結婚式のお返しのカタログギフトなんかにも載っていますので、ぜひ一つは金封ふくさを持っているべきでしょう。"

About 100結納に関わる費用

ブログ「結婚式に関する費用と経費のアドバイス」のカテゴリ「100結納に関わる費用」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

次のカテゴリは200ウェディングの費用です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type