Top >  家計と貯蓄 >  赤ちゃんの為に・・・

赤ちゃんの為に・・・

計画的に出産費用を貯めてから赤ちゃんをなんてことは考えられない今の世です。おめでた婚が多くなってきている今、出産費用のことなど考える余裕もありません。

妊娠し産科に通院し始めてビックリします。お金のかかること、かかること。お産は病気ではないので健康保険が利きません。保険診療だと3割の負担で済むところ10割負担となり、自由診療なので高額です。妊婦健診の妊娠後期に入ると毎週健診も必要となります。

血液検査もあります。超音波診断もあります。その度に5000円、10000円と支払いしまです。投薬が必要となれば別で料金かかります。

最もかかるのが出産のための入院費用です。最近は産院の施設がすごく豪華になっています。食事もレストラン並の豪華な食事がだされるところもある様です。個人の病院で一回の出産にかかる費用は30万〜40万円です。最近は増えつつある助産院だと20万〜30万くらいだそうです。その支払いは退院時に現金で支払います。大変ですね。いままでは出産育児一時金」申請の手続きを本人がしていました。数ヶ月後に35万円が戻ってきました。が一時的にせよ、30万もの金額の準備が大変です。それでこの手続きを病院側がしてくださることになり、現金での支払いが出産育児手当金以内としなくてもいい方向になる様です。ほっとしますね。

病院にかかるお金は以上のようです。がまだまだ必要です。
妊娠の月数が進むにつれ体形が変わり、妊婦用の洋服がいります。生まれてくる赤ちゃんのための身の回り用品が必要になります。この様な洋服などは出産された友人などから譲り受けたり、ベビーベッド、ベビーカーなどは必要な期間が限られています。狭い家では後々保管場所にも困ります。レンタルも有効に利用し出費を押さえましょう。

関連エントリー

家計の管理は? 家計簿はつける? 夫婦の口座はどうする? 計画的な貯金 年払いも整理しておきましょう 赤ちゃんの為に・・・


結納に関わる費用

ウェディングの費用

結婚式外の費用

家計と貯蓄

出来ちゃった結婚

国際結婚

リンク集

結婚のお話

サイトについて