Top >  国際結婚 >  海外での出産

海外での出産

国際結婚に限らず、最近は海外で出産をする方が増加気味になっています。その手続きについて考えてみます。
日本国内で生まれた場合は生まれてから14日以内と決まっています。海外で生まれた場合は日本国内よりも長く3ヶ月以内となっています。

日本国内で生まれた場合は夫婦の本籍地の役所に届け出をします。海外で生まれ、届け出をするときは日本大使館、領事館で手続きをします。直接出向かなくても郵送での手続きも受け付けてくれます。
海外で、生まれた子供全てにその国の国籍を与える制度をとっている国で出産した場合は日本国籍を失わないために「国籍留保の届け出」の手続きをしておきましょう。その国の出生届の「その他の蘭」に「日本国籍を留保する」と記入の上署名と捺印して提出すれば、日本国籍は失われません。両国の国籍を有することになります。22歳になった時、本人の意思で出生した国、日本国籍のどちらかを選ぶことが出来ます。

関連エントリー

国際結婚で疑問のある時 結婚の届出は? 婚姻用件備証明書とは? 国際結婚時の改姓 海外での出産 海外で暮らす場合の年金


結納に関わる費用

ウェディングの費用

結婚式外の費用

家計と貯蓄

出来ちゃった結婚

国際結婚

リンク集

結婚のお話

サイトについて